歯周病を放っておくと大変な事態に!その恐ろしさと原因を知ろう

知らないと損~ほんとは恐ろしい歯周病の真実~

歯周病を放っておくと大変な事態に!その恐ろしさと原因を知ろう

歯

歯周病は恐ろしい病気

歯周病とは文字通り歯の周り、つまり歯茎に起きる現象です。歯の根っこの部分に細菌が入り込み、膿が出て炎症が起きます。この炎症により歯茎が腫れ、出血やひどい口臭が発生し、歯の根っこの部分が弱まり歯そのものにも悪影響を及ぼします。また歯周病が進行して悪化すると、内臓疾患なども招く可能性もあります。歯周病は、歯だけでなく体の他の部位にまで悪影響を及ぼす恐ろしい病気なのです。

歯周病になる原因

歯周病の原因は、不摂生により歯磨きを怠っていることが主な原因です。生活習慣も大きく関係しています。喫煙はタバコの有害物質が口内の粘膜や歯肉に吸収され細菌が繁殖しやすくなります。また食事の際、よく噛まずに食べると唾液が十分に分泌されず細菌の繁殖を招きます。生活習慣によって口内を清潔にしていないと細菌は増殖し、歯や歯茎の隙間にプラークという細菌の塊が付着します。それにより歯茎にダメージを与え歯周病が促進されます。

歯周病を予防する方法

歯周病の対策は、歯磨きを欠かさず行い口内を清潔にすることです。また食事の際はよく噛んで唾液を分泌させるようにしましょう。また甘い物などの間食が多いと、細菌はその糖分を栄養にして繁殖するので間食や甘いものは控えることが大事です。そしてストレスがたまると体の免疫力が下がり、プラークが生成されやすくなります。ストレスを溜め込まないことも、歯周病予防には重要です。どうしても歯周病が改善されない場合は、歯科に行って相談する手段があります。堺市在住で歯周病に悩まされている方は、7件ほど歯周病治療が可能な病院があるので、専門家に相談をしましょう。

広告募集中